プロフィール

札幌舞姫

Author:札幌舞姫
こんにちは♪
北の大地は札幌在住です。
主婦やってま~す。
皆さんにメリット情報を
プレゼン出来たら良いなと
考えております。
よろしく♪♪


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
らしい!

とうちゃんも大事にしてネ~♪♪
スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

我々人間生活に大いに貢献してくれているミツバチ。
百科事典では「予言者」とも。

世界の25万種の植物(果物・野菜)の4分の3をミツバチが受粉してくれています。

アインシュタインの言葉でもミツバチが消え去ったら、人間社会は4年後には崩壊してしまうとあります。

このミチバチのコロニーがここ6ケ月の間に、アメリカの27州の養蜂家達の間から50~60%消えてしまっている様です。

他にカナダ、ヨーロッパでも一晩で。なんと宮崎の椎葉村では昨年秋から減り始め、この1月完全に絶えてしまい養蜂は全滅。

この3月29日、ワシントンDCでアメリカ下院で養蜂家、科学者、政府官僚が集まり公聴会が開催されました。
この失踪事件、今もって原因不明。

ミツバチといえば蜂蜜、ローヤルゼリー。
私の御袋も何度このローヤルゼリーで回復したことか。
蜂蜜は人間の想像を越えた素晴らしい栄養分が190種も。

ここにも問題あり日本人の食する90%以上は中国産。
しかも劣悪な物を業者が買い、加工され加糖されており、純粋蜂蜜は非常に少ない様子。

しかし、国内生産物も大きな騙しが。
本来、ミチバチの物であるはずなのに養蜂家は蜂蜜の代わりに砂糖水や抗生物質入りの花粉を。

今回のCCDの原因は各種調査されていますが解明が困難で、今後の食料生産、動植物のサイクルに大きな不安が。

この夏のアメリカの生産状況で、大きく社会は変化せざるを得ないかも知れません。

ミツバチの働きを正しく評価して、生命溢れるこの地球を永久に維持して貰いたいのですが。

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。